FXにおけるシステムトレードと裁量トレードの違い

FXにおけるシステムトレードと裁量トレードの違い

FXにおけるシステムトレードと裁量トレードの違い

FXで必要になってくるのが勝ち続けることです。勝ち続けるためには自分の個性をきちんと把握して自分にあった取引方法を選択する必要があります。FXで取引方法というと大きく分けてシステムトレードと裁量トレードに分けることが出来ます。どちらも一長一短があり自分にあった取引方法を選択する必要があります。
システムトレードというのはMT4を利用したEAなどが浮かぶ方もいるかもしれませんが、簡単に言えば、人間の心理を排除した取引ということになるのではないでしょうか。システムを利用して売買タイミングが現れるときちんとルール通りに取引をするトレードです。さきほど述べたように今ではコンピューターに自動的に取引をさせるのが一般的です。売買ルールも簡単にEAに組み込むことが出来ます。どちらかといえばコンピューターが得意な人向けとも言えるかもしれません。
裁量トレードというのは自分でチャートを見ながら自分の判断のもと取引を行っていきます。しかし裁量トレードにしても検証作業は必要になってきます。きちんと検証をしたルールを基にトレードを行っていきます。しかし裁量トレードはシステムトレードとは違い、少しタイミングをずらしたら、取引をしないこと選択したり、決済をのばしたり、さまざまなことが出来ます。そこがシステムトレードと大きな違いになります。しかしさまざまな事が出来るために人間の心理的な部分に大きく左右されます。もし検証作業などをせずにトレードをしてしまうと、裁量判断がなかなか良いほうには行かないでしょう。
システムトレードも裁量トレードも良し悪しがあります。自分の性格やライフスタイルで判断するのもいいです。しかし実際はどちらが向いているかは、やはり実践してみないと気がつかないでしょう。ぜひとも少しずつでも両方を体験してみることがベストです。しかしどちらのトレードにしても検証作業は外す事が出来ませんので、きちんと自分自身で検証作業をしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ