休憩しながらニュースを読む

休憩しながらニュースを読む

休憩しながらニュースを読む

休憩しながらニュースを読んでいます。米ドル円は、朝からずっと安値推移が継続しています。手掛かりはないけど上値が重くなっていると書いてありました。きのう米ドル円の円安を抑えるような発言があったから、今日も引き続き重くなっているのが分かります。高いドルは問題だ!という発言。それが尾を引いて、今でも上値が重いんだよね。米ドル円の動きに関係する米長期金利が低下しているのも、上値を重くしているみたいです。そして、日経平均のニュースも入ってきていて、300円安になる程軟調な動きをしているそうです。私は、クロス円のチャートを開いたり、レートの動きを中心に見ているけど、見ていないところで、いろんなものの影響で動いているものです。現に、米長期金利や日経平均の軟調な動きに米ドル円は影響されています。あと15分で、東京時間が終わるところにさしかかると、更なる安値を米ドル円が更新しました。今日も昨日に引き続き調子悪いですね~。ここ2週間だと、東京時間に調子が悪くても欧州時間やニューヨークで立ち直っていました。でも、今日は、欧州時間、ニューヨーク時間と時間が経つごとに安値を更新していきそうな感じがします。東京時間終了間際になると、米ドル円がさらに安値を更新して調子が悪いという事を再確認しましたが、ニュースには、日経平均の下げが米ドル円だけでなく、クロス円の足を引っ張っていると書いてあります。その通り、クロス円全体を見ると、さっきまで高値付近にいたポンド円が安値を更新しています。さらに、豪ドル円が東京時間午前につけた96.09から95.60辺りまで下がっています。でも、ユーロ円は、なんとか踏ん張っています。米ドル円と豪ドル円が上昇できない理由は、米ドル円に関しては前日の高いドルは問題だ!発言で、豪ドル円に関しては東京時間午前にあった悪化した中国指標の結果だとわかっていたけど、今になって、日経平均も足を引っ張っていたんだという事がわかりました。


ホーム RSS購読 サイトマップ