指値注文を使えばFXはより面白くなる

指値注文を使えばFXはより面白くなる

指値注文を使えばFXはより面白くなる

FXトレーダーになってから、どれくらいの注文方法を試したことがあるでしょうか。
実はあまり使っていないという人もいますが、FXにはそのツールを通して自動で行ってくれる賢い取引ができます。
いろいろな注文の仕方を覚えて、より楽により優しくFXを楽しみたいものです。
まず私たちが自分でその場のレートで注文を出すのを成行注文といいます。
これはほとんどの人が行ったことがあるという方法かもしれません。
この注文のメリットは自分が好きなタイミングで注文と決済をできるので、ややこしくないし簡単だというところが魅力的でしょうか。
デメリットというと、いいタイミングでFXのツールにログインできていないと好機を逃してしまうということです。
次に指し値注文というのは、自分が設定した為替レートに届いた注文を出して約定してくれるというシンプルでありつつ、なかなか使い勝手がある注文方法です。
メリットは、誰でも使いやすくFXのいわば予約ができるというところです。
デメリットは、約定だけなのでそのあと決済をするタイミングを逃す可能性があるというところでしょうか。
また指値注文とよく似た逆指値注文といえのがあります。
これは指値注文とは違い設定したレートより上で買い、下で売など約定範囲が広いところが特徴的です。
そして、指値注文と逆指値注文などを組み合わせて、より複雑な注文を指定することができます。
IFD注文は、イフダンと呼ばれて、注文と約定価格をを決めておけば自動でしてくれるというものです。
メリットは簡単に考えて注文できる気軽さで、デメリットは約定が為替レートとかけ離れているときにはできないということです。
またスリップといい、為替の急落などでは約定、決済し損ねることもあるのが難点です。

OCO注文は、約定したあとの決済を指値、逆指値で決められるというものです。
一日ログインできていないという人などにおすすめで、利益゛けでなく損益も注文どおり決めてくれるというものです。


ホーム RSS購読 サイトマップ