ネクストブレイクの通貨を青田買い

ネクストブレイクの通貨を青田買い

ネクストブレイクの通貨を青田買い

世界には200カ国以上ありますが、通貨の種類も同じくらいにあります。
その世界の通貨の中であまり有名でない通貨は、FX的にどういう意味をもつのでしょうか。
十年後を見越したトレーダーならばわかるとおり、現在は十年前の人民元などの価値を思えば価値が上がってきたので、買っておけばよかったとい人もいるでしょう。
それでは次に大きく価値を引き上げる通過とはどこになるのでしょう。
様々な通貨の動きから読み取れるものはあるのでしょうか。
メキシコの通貨はペソといいます。
このペソは、2008年に大きく価値を一度落としまして、市場を震撼させました。
けれど2012年よりまた復調の兆しがあります。
まだまだ不安要素も多いですが、ネクストブレークである南米の国として早いうちから目をつけておくのもいいかもしれません。
あるいは、日本と繋がりが深い通貨は一つに台湾のドルがありますが地理的にも中国の経済の好影響を受けて上昇をしています。
ここ10年の間では現在価格を更新していて、しばらくはあたたかい風が吹いていそうな予想がたてられるのではないでしょうか。
南アジアに目を向けてみればシンガポールドルもなかなか奮闘をしています。
2009年から四年間は世界の経済とともに沈みがちでしたが、それ以降は右肩上がりの成長をして通貨価値を押し上げています。
ヨーロッパのなかでユーロを導入していないのがスイスのフランですが、スイスはその場所により東から西から労働者が集まりやすく知られて賃金も高いことが知られています。
そのためか、通貨は世界の経済の波を受けて一時下がっていましたが、最近はまた順調に回復をしています。
北欧ではどうでしょう。

スウェーデンのクローナですが、元々北欧は経済活動が著しくないことから独自の政策を掲げている国が多いようです。
経済より漁業など輸入で金を回しているこのから、他国との経済に影響されやすい性格といえるかもしれません。
特に2008年は5円以上通貨価値を下げていて、今年に入ってからは一時下がり気味になるなど世界の経済のあたたかい風は最後に受けるタイプかもしれません。
通貨のデータや性格などから見て、FXをグローバル視点でやるのもおすすめです。


ホーム RSS購読 サイトマップ