自動か手動か手法はそれぞれ

自動か手動か手法はそれぞれ

自動か手動か手法はそれぞれ

シストレというのはシステムトレードという、自動でトレードをしてくれるという優れたものですが、これにはメリットとデメリットが明確にあるようです。
さて、それはどのようなものでしょう。
まずデメリットというと、データをもとに組んだシストレは過去にない相場だと、その能力を発揮できないのです。
過去に近似している相場であれば、それにのっとって取引をかわりにしてくれますが、そうでない場合成功率が低くなります。
メリットというと、自分の手間が省けるということと、売り買いのやきもきから解放されるということ、など機械任せということが目立ちますが、過去のデータベースを頭に入れている機会ならではのスマートな取り引きが魅力的でしょう。
FXビギナーから上級の人まで、シストレを利用している人が多いのは、それぞれの理由からとかんがえられます。
ビギナーは、失敗例を模倣することなく、機械的に取り引きがおこなえるという安心感があります。
上級者にしてみれば、毎日の手動より冷静沈着な機械任せで、安定した稼ぎかが期待できるといったところでしょうか。
まだまだ手動にとかんがえるとシストレで、FXをしている人はマイノリティですが、これからは増えていく可能性があります。
機械任せのほうがたくさん稼ぎたいとい気持ちと、自分の手間を煩わせたくないという気持ちを両立させてくれるからです。
シストレに任せで成功率が相場により変わってくるのが難点ですが、現在の手法で稼げないという人は一度試してみるのもいいかもしれません。
長期的に見れば、手動と機械の勝率をどちらが高いかだけでなく稼げた額に着目して、成否を決めたいところでしょう。
FXは人の数だけ手法がありますが、ソフトという機械の数だけ手法があるということです。
他の人のブログや本を参考にするだけではなく、積極的に自分に合うような手法を開発することも、これからを思えばいいことでしょう。
自分に合うような手法が見つかることがFXで勝つためのベストではないでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ