FXの基本、ローソク足とは。そしてその使い方

FXの基本、ローソク足とは。そしてその使い方

FXの基本、ローソク足とは。そしてその使い方

FXをやる上で、とても便利なローソク足。
その歴史は、なんと江戸時代にまで遡るのだ。
このチャートの記述法は、出羽国の本間宗久の発案であり、大阪堂島において、米取引に使われたのが最初と言われている。
そして、このチャートの記述法は見やすいことが評判となり、いまでは世界中の株やFXなどの取引で使われるグローバルなものとなったのだ。

 

このローソク足。たった一本の足で、ある期間の始値、終値、高値、安値を記述できるようになっている。
見方はこうだ。

 

ローソク足には黒の陰線と白の陽線の2種類があり、始値より終値が高い場合は陽線、始値より終値が低い場合は陰線で記述される。

 

陽線(白)の場合は、四角形の左下が始値、右上が終値となる。
陰線(黒)の場合は、四角形の左上が始値、右下が終値となる。

 

そして、その期間の高値、安値はどのように記述するのだろうか。
それには「ひげ」を使う。
四角形から飛び出ている棒のことだ。
上に飛び出ている棒の先端が高値を表す。
下に飛び出ている棒の先端が安値を表す。

 

このローソク足が示す期間によって、「1分足」「5分足」「1時間足」「日足」「月足」などと呼ばれる。
1分足や5分足などは、スキャルピングトレードやデイトレードなどによく使われる。1時間足は、デイトレードやスイングトレード。
日足や月足は、もっと長い期間をまたぐトレードに使われることが多い。
しかし、だからといって、デイトレードをする人は日足を見ないのか、というとそんなことはなく、全体の相場の状況を確かめるのに日足も確認するだろう。
つまり、メインでどの期間のローソク足を表示させるか、ということだ。
多くの成功しているトレーダーは、複数の時間足のチャートを何画面も表示させて、全体を見ながら、トレードをしているのだ。
この歴史あるローソク足。多くの先人たちが使ってきただけあって、なかなかのスグレモノだ。このローソク足だけでも、ちゃんと見れば、かなりのことが分かるようにできている。
たとえば長い陽線を大陽線と呼び、これが出ると、その後上昇に向かう可能性が高い、などと読むことが可能なのだ。
とっても奥が深いローソク足。しっかりと勉強すると、きっと勝率アップに貢献するだろう。


ホーム RSS購読 サイトマップ